Nemo's【こーかい日誌】改

Nemoこと漫画家 ねもと章子(別PN.抄堂たく) の後悔多き日々を公開する航海日誌です

朗読劇『もしも8才の子供が大統領になったら』を観劇して来ました!

f:id:nautilus_nemo:20180121155313j:plain
またまた久しぶりの更新となります。
ほんと、すみません!(^^;)

さて、少し前になってしまいますが…。
去る1月21日まで新宿サンモールスタジオで
公演されていた朗読劇、
朗読三昧presents
『もしも8才の子供が大統領になったら』

20日の昼の部に観て参りました。

  • 昨今の世界情勢を彷彿させる物語でした
  • ざっくり言うと、こんなお話です
  • 美しい歌と音楽、そして個性たっぷりの朗読
  • 公演後、ボブ役IKKANさんにご挨拶
  • キャストの皆さんのお芝居が素晴らしく…
  • 遅いご紹介になってしまったことをお詫びします!

昨今の世界情勢を彷彿させる物語でした

何やらきな臭くなっている昨今の世界情勢。
世界全体が「戦争を始めたがっている?」様に感じられる、
取り返しのつかない状況になりそうな空気、
危機感を感じるこの頃に、
優しい童話の、可愛いお話だけれど、
改めて考えさせられる内容の物語でした。
f:id:nautilus_nemo:20180122150109j:plain

ざっくり言うと、こんなお話です

世界の極東の島国(まるで何処かの国と似ていますが)
タチツトット国の
中枢を司る全能なるコンピュータ ガイアが
新しい大統領に選んだのは
お母さんの作るお菓子が大好きな、
僅か8歳のミックモック少年!

お母さんと犬と穏やかに暮らしてきた彼の公約は
『軍隊、やめちゃおうよ!』でした。

この大統領のとんでもない公約に右往左往し、
何とか年端もいかない少年を懐柔しようと
躍起になる大人たち。

けれどやがて…この『思いつき』が
小さな島国に素晴らしい未来を生むこととに…!
原作は加納 眞士さんの
『もしも8才のこどもが大統領に選ばれたら』
です。

続きを読む

謹賀新年!今年の抱負は…

明けましておめでとうございます!
昨年こちらのブログを年間で僅か5回(なんと片手で数えられる!!)しか更新しなかった(^^;;ダメ女です。
今年は1月中に昨年一年間の更新回数を超えたいと思います!
(と、偉そうに低い目標を掲げてみる。( ̄ー ̄ ))

本年もどうか懲りずに宜しくお願いします!m(_ _)m

  • 今週のお題「2018年の抱負」
    • 健康に気をつける。痩せる努力も!
    • 漫画家、講師としての勉強、創作、精進!
    • 諦めずに、粘り強く!「やめないこと」。
  • 実は今年『あること』に挑戦する予定なのです!

今週のお題「2018年の抱負」

さて、この「はてなブログ」には『今週のお題』というものがあります。
ブログを書くための「きっかけ」を提供してくれるサービスなんですね。

ただ私は、これまで一度もこの「お題」で記事を書いたことはありませんでした。
なにせ僅か年に5回の更新で、ネタのある時でさえ書いてなかったんですから。(^^;)

でもブログを更新し続ける為には、これに乗るのも良い手段ですよね。
今年はできるだけ「お題」も利用していきたいと思います。

その「お題」。
今週はお正月のド定番「2018年の抱負」ということで。
端からそんな内容にするつもりで書き始めてましたので、せっかくですし乗ってみたいと思います。

続きを読む

第5回『寄席描き展』最終日にお邪魔しました


ブログの更新を、努めて心がけたいと思います。m(_ _)m
書けない時もあるので、ネタのある時、書ける時は短めでもジャンジャンどんどん行っておきます。宜しくお願いします!m(_ _)m

さて表題です。

『第5回 寄席描き展』に行って来ました!

一昨日、12月3日日曜日。
この日が最終日となった『第5回 寄席描き展』を拝観しに、江東区森下文化センターへと行って来ました。

先月19日から行われていた『寄席描き展』もこの日が最終日。
毎年一度はお邪魔していましたのに
今年は予定が合わずなかなか伺えなかったのですが、なんとか滑り込みで観ることが出来て良かったです!

落語とお笑いに因んだ漫画・イラスト展です

私は参加者ではなく、落語もそれ程詳しくはありませんが(それでも寿限無のフルネームは小学生の頃から諳んじられますよ!(*^^*))、
漫画のストーリー作りの練習などで三題噺を昔、随分やりましたし、
落語の物語は好きで、落語を仕事中にかけていたり、また『落語物語』といった、文章にまとめた文庫なども好きで読んでおりました。
おそらく漫画家さんのうちのある程度の割合は落語と親しむ方が多いように感じます。

『マクラ』などの語り口は、取っ付きの良い導入からさりげなく引き込んで伏線を張るというテクニックとして、漫画の中でも活かしたいと常々心に留めている事ですし、
最近は講師のお仕事でもこういう話芸はとても参考になります。(全然未熟ですが(^^;;)

そんな落語の物語や落語家さん、またお笑いに纏わる絵などを、一コマとストーリーの漫画家、イラストレーター、似顔絵画家の方々が形にしたのがこの『寄席描き展』です。私のお友達もたくさん参加されて居るので絶対に伺いたい展覧会でした!

毎年、田河水泡先生とそのキャラクター『のらくろ』所縁の地である、この江東区森下文化センター(『のらくろ』と田河先生の常設展もあります)で行われています。
f:id:nautilus_nemo:20171205123046j:plain
(↑森下文化センターへと続く『のらくろ〜ド』商店街)

参加メンバーも豪華です!
田河先生の直弟子であり現在公式に『のらくろ』を描ける作家でもあり、『名探偵カゲマン』など数々のヒット作を描かれた山根青鬼先生や、
f:id:nautilus_nemo:20171205123442j:plain
一コマ漫画の巨匠にして日本漫画家協会理事、点描などの精細な筆致が冴えるイラストなどで著名なウノ・カマキリ先生始め、新聞や雑誌などで活躍されている漫画家・画家・イラストレーターの皆さんによる中身の濃い展覧会なのです!
しかも入場無料!(*^^*)

…すみません、今年はもう終わっちゃいました。何しろ最終日に見に行きましたので。(^^;;
来年は早めにレポ出来るようにブログ続けたいと思います。

お客で行った筈がなぜか『イラスト大喜利』に


この日は日曜でもあり、会場では『イラスト大喜利』が行われていました。

『寄席描き展』参加メンバーでイラストレーターで浅草フランス座出身という芸歴!の宮島幸次さんが司会を務められ、絶妙な話芸で場を盛り上げれば
f:id:nautilus_nemo:20171205131408j:plain
参加作家(と、参加していない、参加メンバーの友達、ただのお客!(^^;;)の漫画家・イラストレーターなども、ご来場のお客様が出してくださったお題に応えて絵を描き、出題者が一番気に入った絵を描いた人にワンポイント(首にレイがかけられます)、ただし最終問題で逆転ありという趣向です。
f:id:nautilus_nemo:20171205131517j:plain
そこに、何故か私も引っ張り出されまして…。たはは。(^^;;

続きを読む